不要な重機は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2021年10月23日

一般車と同様に年式はポイントになる重機買取

ポイント

車買取には、実にさまざまなセオリーがあります。業者同士の価格を比較してみるべきというセオリーもありますし、年式などもその1つなのです。

そもそも車買取のお店は、それぞれ買取価格に差があるでしょう。専門知識や手数料などの考え方に違いがあるので、お店によって買取価格も異なってくる訳です。ちなみにそれは、重機買取の業者も同様なのです。

そして上記でも触れた年式も、重機買取には大きく関わることは間違いありません。結論を申し上げると、できる限り高く売却をしたい時には、早めに買い取り手続きを行う方が良いでしょう。年式の加算は、マイナス要素になってしまうからです。

そもそも車買取などでは、5年落ちや10年落ちなどの概念があります。5年落ちというのは、車を購入してから経過した年数なのです。つまり購入して、5年が経過している車という事になります。

ですから10年落ちはもちろん10年目が経過している事になるでしょう。それで車買取の場合は、5年目が1つの節目になるのです。その年数の経過してしまいますと、買取価格は大きくダウンする傾向があります。キリが良い数字という事もありますが、少なくとも4年落ちの車と比べれば、価格は下がってしまうでしょう。10年落ちともなると更に下がる傾向があります。

このため一般車の買取を行いたい時には、できるだけ早めに売却手続きを行う方が良いのです。わずか1年加算されてしまうだけでも、買取額が下がってしまう事はよくあるからです。

ところで、それは重機買取にも同じ事が言えます。当然ですが、重機にも年式はあるでしょう。そして重機も、やはり年数が経過すれば買取価格は下がってしまう傾向があります。ですから早めに売却をするのが望ましい事は間違いないです。

ちなみに理由は、使用感の問題です。購入してから年数が経過すれば、重機に対して使用感が生じるでしょう。やはり買取業者としては、新品に近い製品の方を高く評価する傾向はあるのです。逆に中古の雰囲気が感じられる重機ですと、ちょっと買取額もダウンする傾向はあります。

ですから「そろそろこの重機は年式が古くなってきた」と思った頃は、売却の最適タイミングとも言えるのです。年式が加算されてしまえば、更に買取額は下がってしまいますから、早めの手続きが推奨されます。

それと共に、やはり複数業者の査定額を比較する事が大切です。業者によって売却額は異なりますし、複数店から見積もりを出してもらい、一番高い所で売却をすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ重機買取業者
トラック一括査定王
トラック一括査定王